必要な栄養を考える

17年04月02日 | | 必要な栄養を考える はコメントを受け付けていません。

ドッグフードにはさまざまな種類がありますが、原材料などに注目して選ぶ事で愛犬の健康管理に役立ってくれます。犬は雑食性の動物ですが、もともとは肉食の動物ですから穀物がメインの原材料となっているドッグフードばかり与えていると、動物性タンパク質が足らなくなってしまい、栄養不足となってしまい毛並みが悪くなったり、体調悪化の原因となります。ですが動物性タンパク質の多いドッグフードばかり与えていても肥満の原因となってしまいますから、きちんと用量などを見極めてドッグフードを与えてあげるようにしましょう。

また、ドッグフードには多くの添加物が入っている事も多く、この添加物が健康を害する原因となる事も少なくありません。ドッグフードは袋の表面に、原材料として使われている材料、どのような添加物が含まれているかが明記されていますので、愛犬の健康を考える場合はこういった表記を見て添加物の少ない物などを選んであげると良いです。また、老齢の犬用として販売されているドッグフードの多くは穀物がメインの原材料となっており、動物性タンパク質などが足りなくなってしまう事が多いので注意です。

ドッグフードから愛犬の健康を考える場合、まずはどのような栄養が犬に必要となるのか、そして添加物などがどのような影響を及ぼすのかを考える必要があります。犬はもともと肉食ですので、たとえ高齢になったとしても動物性タンパク質は必要な栄養となります。健康を保つためには、きちんと必要な栄養を摂れるドッグフードを選んであげましょう。




Comments are closed